会話シーンは地味に難しい

 いま作っている自主制作アニメがストーリー物のである以上は、会話シーンは入ってきます。会話する以上は登場人物の口が動きます。
 普段、テレビとかでアニメを見ている分には気にしませんでしたが自然な感じで口を動かすのを表現するのって難しい…。
 何度かやってみるものの、金魚が水面で口をぱくぱくさせるみたいになってしまう。
 んで、一応以下の動画までのものができました。
 一応、少年と相棒の鳥が会話しているというシーンです。

 ツイッターではアゴも動かしてみてはどうか、というアドバイスもいただいたのですが、それを想定して人物をモデリングしていないのでこれも中々に難儀してます。
 会話シーンをどうするかは、もう少し実験が必要という感じですなあ。

 ところで黄色をベースにした衣装の少年と鳥の相棒ってところだけを切り取ると某王ドロボウを思い出しますよね! あの作品ほどの神作になれば素敵ですが、きっと現実は甘くないのでした(白目)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする