歩いたり、後ずさったり

 地味に作るのが難しいシリーズ第二弾は歩行モーションです(第一弾は喋ってるときの口の動き)。
 いくら3Dアニメがキーフレームで動きを制御できるといっても、結局ある程度は人力でボーンを設定する必要があります。
 んで、以下の動画のように初挑戦では散々だったものが、改善を重ねることで(多少は)よくなりました。お試しレンダリングなので画質が粗いのはご容赦ください。

 歩行モーションが済んだら次のシーン。主人公には後ずさってもらいました。その上で、いよいよヒロイン覚醒です。これらの流れをまとめたのが以下の動画。

 んで、ここ数日作業してみた結果、動画の総時間がやっとこさ30秒を超えました(音はまだ入れてません)。

 …まだ30秒なのか。先は長いなあ。仮に10分(600秒)の動画として、1日あたり10秒分つくれるとしても合計で60日かかるわけですか。覚悟はしてましたがアニメ作りは夏休みの自由研究感覚では無理ですよねえ(遠い目)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする