【小説更新】アルカナ・ナラティブ/第10話

 いつから「アルカナ・ナラティブ」がエタったと勘違いしていた?
 残念! 連載再開でしたー! まさに外道ッ!!!

 ……はい、調子に乗りました。ごめんなさいもうしません許してください。
 ともあれ、思うところあって「アルカナ・ナラティブ」の連載を再開することにしました。
 自分ではあの話は駄作だと思い込んでいたんですが、それでも応援してくれる人もいる。だったら、その人たちの期待を裏切るのはマズいんじゃないかと思ったわけで。
 むしろ、ネット小説を書いて感想を頂けるって、相当に凄いことだったんですね。目の前に幸せがあると気づけないのが人間だと言いますが、自分がまさにそうでした。反省します。

 むむう、話が段々と暗い方向にシフトしようとしている。
 というわけで、ここからは作品の内容についてネタバレにない程度に触れていきます。
 今回は【運命の輪】の話です。
【運命の輪】といってまず思い出すのは「ペルソナ3」に出てきた大型シャドウの一体フォーチュンです。ルーレット攻撃には毎ターン一喜一憂したものです。
 ……脱線しました。
【運命の輪】のカードが示すものは、正位置だと幸運・変化・転換点、逆位置だと不運・悪化・悪循環といったものが挙げられます。
 第10話の物語が主人公の翔馬にもたらすのは幸運か、それとも不運か――。
 ……といった感じの話になるんじゃないでしょうかね?(まるで他人事のように言ってみる)

 まあ、何はともあれ「アルカナ・ナラティブ」の最新話、楽しんでいただけたら幸いです。
 ところで、現状このサイトでの連載作品がアルカナを含めて3本って……。ちゃんと回していけるかしらん。そこら辺もどうなるかこうご期待!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする