Blenderのカメラで出来ること

 Blenderでモデリングしたオブジェクトをレンダリングするためには、オブジェクトを撮影するためのカメラが必要になります。

blenderでのカメラの追加

 Blenderでカメラを追加する場合は、オブジェクトモードにした状態で、『追加』の中にあるカメラを選択します。

カメラの移動・回転・拡大

 追加したカメラはメッシュやカーブオブジェクトと同様に、マニピュレータや数値入力により移動や回転させることができます。

 また、拡大・縮小もできるにはできますが、あくまで3Dビュー上での表示を拡大・縮小できるだけとなります。いくら拡大縮小させてもレンダリング画面上では変化はありません。

アクティブなカメラの切り替え

 カメラは複数追加することが可能です。
 しかし、レンダリングに使用されるカメラは1つだけです。
 レンダリングに使用するカメラは、アウトライナー上でアイコンが変化します。

 レンダリングに使用するカメラは「アクティブなカメラ」と呼ばれます。
 アクティブなカメラを切り替える場合は、レンダリングに使いたいカメラを選んでCtrl+テンキーの「0」を押します。
 あるいは、「ビュー」項目内の「カメラ」から「アクティブオブジェクトをカメラにする」を選択しても同様にカメラの切り替えが行えます。

視点をカメラに切り替える

 3Dビューで視点をカメラに切り替える場合、テンキーの「0」を押します。
 何もしていない状態では、カメラに切り替えた状態でマウスホイールをクリックし、マウスを動かすとカメラ視点は解除されます。しかし、「カメラをビューにロック」にチェックを入れて、同様のマウス操作をするとカメラを回転させられます。

 また、この状態で、Shiftキーを押しながらマウスホールでのドラッグを行うと視点を平行移動させられます。更に、マウスホイールを回転させると画面のズームイン・ズームアウトを行えます。

カメラの設定パネル

 カメラオブジェクトを選択した状態で、プロパティモード内にあるデータ(カメラ)タブを選択すると、カメラの各種設定が行えます。

 各パネルのざっくりとした意味は以下の通りですが、詳細は別ページでそれぞれ行います。

レンズ

 使用するレンズの設定を行えます。

カメラ

 カメラのプリセットなどを選択できます。

被写界深度

 被写界深度(視界のピンボケ具合)を設定できます。被写界深度についてはノードの設定が必要なためノードエディターの項目で解説していきます(現在準備中)。

表示

 撮影のための補助機能を表示できます。

セーフエリア

 重要なものを置くのに安全とみなせる領域の区切り線を表示したり、設定できます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする