UV投影

 UV投影のモデファイアを使うと、他のオブジェクトをプロジェクター代わりにして指定したテクスチャを投影します。

 通常、UV展開した後にメッシュをナイフなどで分割させたりすると、メッシュの変更がUV側に反映されないためテクスチャが歪んだりします。
 しかし、UV投影を使用するとあくまでプロジェクター代わりの他のオブジェクトから投影されている形になります。そのため、メッシュを分割してもテクスチャは元のままで表示されます。

UV投影の使い方

 UV投影を使うには、まずオブジェクトにマテリアル、UVマッピング、テクスチャを設定する必要があります。これらの設定については、また別の章で解説していきます。
 マテリアル、UVマッピング、テクスチャの設定が完了したら、次にプロジェクターに使いたいオブジェクトを追加します。通常は平面を使用するのが無難かと思われます。

 次に、UV投影モデファイアを追加します。
 各項目のうち、キューブ状のアイコンがある空欄にプロジェクターに使いたいオブジェクトを設定します。
 このとき、「画像」や「UVマップ」の項目の設定は必須ではなく、通常はアクティブな画像やUVマップが適用されます。

 これでUV投影の設定は完了です。
 プロジェクター側のオブジェクトを移動、回転、拡大縮小したりするとテクスチャもそれに追従して変形します。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする