複数配列

 複数配列のモデファイアは、xyzの各軸方向に、指定した数のオブジェクトをコピーして並べます。
 一直線にオブジェクトを並べるだけでなく、カーブなどの操作オブジェクトを指定して並べることも可能です。

複数配列パネルの項目

 複数配列の項目のそれぞれの意味は以下の通りです。

適合する種類

  • 定数で指定:『数』の項目で指定した数だけオブジェクトを直線的に複製します
  • 長さに合わせる:『長さ』の項目が現れ、その長さに応じてオブジェクトが複製されます
  • カーブに合わせる:指定したカーブオブジェクトの長さを元にオブジェクトが複製されます

一定のオフセット/オフセット(倍率)

 この項目でxyz軸のどの方向に複製するかを指定できます。
 通常はどちらか一方にチェックを入れて使用します。
『一定のオフセット』にチェックを入れると、絶対的な距離を保ちつつ複製されます。
 一方で『オフセット(倍率)』を使用すると、相対的な比率が距離となって複製されます。つまり、複製するオブジェクトのサイズを変更すると、複製されるオブジェクトの間の距離は変わってきます。

結合

 この項目にチェックを入れると、複製するオブジェクトが重なっている場合にひとつながりのオブジェクトとして処理します。

ループ

『結合』にチェックが入っている場合に使用可能になります。結合の強さを指定できます。

オフセット

 指定したオブジェクトとのパラメーター(つまりどれだけ離れているか、どれだけの拡大率か)によって、複製する側のオブジェクトをずらすことができます。

始点/終点

『始点』は指定したオブジェクトを、複製する側のオブジェクトの頭に置く機能です。
逆に『終点』は指定したオブジェクトを、複製する側のオブジェクトの末尾に置く機能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする