ワープ

 ワープは、モディファイアを追加したオブジェクトを、変形先のオブジェクトに引き寄せることができるモディファイアです。

ワープのパネル

 ワープのパネルは以下のようになっています。

『元』の項目と『先』の項目に、基準となるオブジェクトを設定することでモディファイアを付けたオブジェクトを変形させることができます。

 ワープのモディファイアのパネルで、半径を極端に大きくしていくと、変形は起こらず、モディファイアをつけたオブジェクトが移動だけを行います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする