マウス操作を覚えよう

 Blenderでのマウス操作は独特な部分もあるのできちんと覚えておかないと混乱することがあります。
 なお、この記事では右ボタン、左ボタンに加え中ボタン(ホイール)があるマウスを使用することを前提に話を進めます。

オブジェクトの選択

 特定のオブジェクトを選択する場合は、右クリックで選択できます(左クリックではないので要注意)。
 オブジェクトが選択されていると、オブジェクトの輪郭がオレンジ色になります。

複数のオブジェクトを選択

 キーボードのShiftキーを押しながら右クリックするとオブジェクトを複数選択できます。
 オブジェクトを複数選択した場合、最後に選択したオブジェクトは他のオブジェクトと比べ輪郭の色が異なります。

オブジェクトの移動

 オブジェクトをマウス右ボタンでドラッグするとオブジェクトを画面内で自由に移動させることができます。
 ただし、ドラッグしたまま右ボタンから指を離しても移動を決定したことにはなりません。
 移動先で左クリックしてはじめて移動が決定されます。
 逆にドラッグ中に一度右ボタンから指を離し、もう一度右ボタンを押すと移動はキャンセルされて、オブジェクトは元の位置に戻ります。

オブジェクト選択の解除

 オブジェクトの選択を解除する場合はキーボードのAキーを押します。あるいは、ヘッダーの「選択」内にある「全てを選択(解除)」を選んだ場合も選択解除ができます。

 また、何も選択していない(全ての選択を解除した状態)でAキーや「全ての選択(解除)」を押すと、3Dビュー内の選択可能なオブジェクト全てが選択できます。

その他のオブジェクトの選択

 オブジェクトの選択は、マウスでオブジェクトを直接クリックする以外の方法もあります。その種類は多種多様で全てを解説していると長くなるので、別のページで個別解説していきます。

画面の自由回転

 マウスの中ボタンを押しながらマウスをドラッグすると自由に画面を回転させることができます。

画面のズームインとズームアウト

 マウス操作で画面のズームイン、ズームアウトを行う方法は以下の2つです。

マウス中ボタンをホイール

 マウスの中ボタンをホイールすることで画面のズームイン、ズームアウトが行えます。
 画面のズームイン、ズームアウトはデフォルトでは画面の中心を基準にしか行われません。
 しかし「ユーザー設定」の「マウスの位置にズーム」にチェックを入れると、マウスカーソルのある場所を基準にズームイン、ズームアウトが行えるようになります。

Ctrlキーを押しながら中ボタンをドラッグ

 キーボードのCtrlキーを押しながら中ボタンをドラッグした場合もズームイン、ズームアウトが行えます。この場合もデフォルトでは画面中心を基準にしか行われません。
 「ユーザー設定」の「マウスの位置にズーム」にチェックを入れると、ドラッグ前にマウスカーソルがあった位置を基準にズームイン、ズームアウトが行われるようになります。

画面の並行移動

 マウス操作で画面の並行移動(スライド)を行う場合は、キーボードのShiftキーを押しながらマウス中ボタンをドラッグします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする