ピボットポイントについて

ピボットポイントとは?

 前回の解説では、オブジェクトの移動、回転、拡大縮小について学びました。
 しかし、あの解説だけでは不十分なものがあります。それはオブジェクトを移動、回転、拡大縮小させる場合の具体的な中心点の選び方についてです。
「中心点って座標の原点じゃないの?」と思われる方もおられるかもしれませんが、座標の原点はあくまで移動などの際にガイドとして使う座標軸の中心です。
 たとえば、オブジェクトをパソコン画面のモニターの上下左右(ビュー座標系)について回転させたいとしましょう。
 この場合、どこに回転中心を置くかによってオブジェクトの位置が大きく変わってきます。
 たとえば、オブジェクト自体の真ん中を回転中心にするならばオブジェクトはその場でクルクル回るだけです。一方でオブジェクトの中心から離れた場所を回転中心にするとオブジェクトは円を描く軌道で3D空間を移動します。

 回転中心や拡大縮小の中心を自由に設定できないとモデリングの際に不都合です。それでは困るのでBlenderでは操作する上で都合の良い場所に回転中心や拡大縮小の基準点を設定できる機能があります。それが今回の解説のテーマであるピボットポイントです。

ピボットポイントの選択

 ピボットポイントの選択は、「3Dモード」のヘッダーから選ぶことができます。

アクティブ要素

 一つのオブジェクトを選択している場合、その原点がピボットポイントになります。
 複数のオブジェクトが選択されている場合、最後に選んだオブジェクトの原点がピボットポイントになります。

中点

 一つのオブジェクトを選択している場合、その原点がピボットポイントになります。
 複数のオブジェクトが選択されている場合、それぞれの原点の中心となる部分がピボットポイントになります。
 たとえば中点をピボットポイントにして複数のオブジェクトを回転させると、オブジェクト全てが同じ円周を回転します。

それぞれの原点

 一つのオブジェクトを選択している場合、その原点がピボットポイントになります。
 複数のオブジェクトが選択されている場合、それぞれの原点が個別のピボットポイントになります。
 たとえばそれぞれの原点をピボットポイントにして複数のオブジェクトを回転させると、それぞれのオブジェクトが個別に回転します。

3Dカーソル

 オブジェクトの位置や選択数は関係なく、3Dカーソル位置がピボットポイントになります。

バウンディングボックスの中心

 バウンディングボックスの中心がピボットポイントになります。
 バウンディングボックスとは、オブジェクトのxyz軸のそれぞれを最小の長さになるような辺で構成された直方体のことをいいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする