下絵の設定

複雑な形状を作る場合

 たとえば人体などのように複雑な形状をモデリングする場合、何の資料もなしにモデリングするのは困難です。
 そういった場合、3D空間に下絵を配置しておくとモデリング作業が一段と楽になります。

下絵の配置方法

 下絵の配置方法は以下の通りです。

①下絵の用意

 まず、下絵を用意します。下絵はペイントソフトで自分で描く、写真資料を用意するなどで用意します。ここでは以下のような人体を正面から見た画像を用意してみました。

②下絵の設定

 次に下絵を追加します。キーボードのNキーで開閉できるパネルの中に「下絵」の項目があるのでチェックを入れ、「画像の追加」をクリックします。

③画像を開く

 次に「開く」をクリックし用意した画像ファイルを3D画面に表示させます。このとき、もしも3Dビュー画面が透視投影だったり、回転した状態だと下絵画像は表示されません。テンキーの「5」で透視投影を並行投影に切り替え、テンキーの「1」か「3」か「7」を押し視点を調整しましょう。

④下絵が現れる視点の決定

 デフォルトでは、下絵は正面、背面、右側面、左側面、上面、底面、カメラ視点のすべてで表示されます。それが不都合な場合は「座標軸」の項目から表示させたい視点を選択します。

⑤不透明度の設定

 下絵の表示される不透明の調整は以下の項目から行えます。

⑥下絵の位置・回転・拡大縮小の調整

 下絵の位置・回転・拡大縮小の調整は以下の場所からできます。

更に下絵を追加する

 下絵を追加したい場合は再び「画像を追加」をクリックします。これにより新しい下絵を設定できます。

下絵の非表示

 一度設定した下絵を非表示にする場合は、「下絵」の左にあるチェックを消します。
 これにより下絵データは保持したまま全ての非表示にできます。

 また、一部の下絵だけを非表示にしたい場合は、下絵の設定パネルにある目のアイコンをクリックして表示/非表示を繰り返します。

下絵の削除

 下絵を削除する場合は、下絵の設定パネルの右上の×印をクリックします。これにより下絵データはBlenderから消えます(お使いのコンピュータから削除されるわけではありません)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする