カーブオブジェクトの追加と編集

 カーブオブジェクトとは、曲線のオブジェクトです。
 メッシュが頂点を結んで面をつくるオブジェクトだったのに対し、カーブは曲線を作ることを目的としたオブジェクトです。
 カーブオブジェクトは、3Dビューモードのヘッダーの「追加」のカーブから追加できます。

 カーブオブジェクトには以下のものがあります。

  • ベジエ
  • 円(ベジエ)
  • NURBSカーブ
  • NURBS円
  • パス

ベジエとは?

 ベジエとは、頂点(カーブの盛り上がり)ごとに編集用のハンドルが付いている曲線のことを言います。これは編集モードのときに確認できます。

 ベジエのハンドルの種類は、ツールシェルフ(Tキーで開閉)の、「ツール」タブ、「カーブツール」パネル内のハンドルから選択できます。

 各ハンドルの意味は以下の通りです。

自動

 自動で長さと方向が設定されます。

ベクトル

 ハンドルが次のハンドルに向いている、尖った部分を作成するのに使えるハンドルです。

整列

 ポイント両端のハンドルが真っすぐになります。曲線の作成に向いています。

フリー

 ポイント両端のハンドルが個別で動かせます。

NURBSとは?

 直線を折り曲げた形状の線の頂点を使用して曲線を編集します。

 頂点は重みを持っていて、数値が高いほどカーブを引き寄せます。
 重みはプロパティ(Nキーで開閉)の「トランスフォーム」パネルの「W」の値です。

曲線のプロパティ

 曲線のプロパティを変更することにより、形状に対する設定やカーブを面にすることなどができます。
 曲線のプロパティは、カーブオブジェクトを選択した状態にして、「プロパティ」モード内にある「Object Data」タブから設定できます。

 以下に各パネルの詳細を解説していきます。

シェイプ

「シェイプ」パネルは、カーブの大まかな形状を設定するパネルです。

「2D」と「3D」

 一番上にある項目の「2D」と「3D」により、カーブを平面的に配置するのか立体的に配置するのかが選べます。デフォルトでは3Dに設定されているのでxyz平面内のどこでも頂点を配置したりハンドル操作ができます。
 2Dに設定するとカーブは平面上でしか操作できなくなります。

解像度

「プレビューU」と「レンダリングU」の数値はそれぞれ、3Dビュー空間とレンダリングした状態でのカーブの滑らかさを表すものです。数値を大きくするとカーブは滑らかになっていきます。
 ただし、単なる曲線だと面積を持たないためレンダリングした状態では表示されません。レンダリング時にカーブを表示する場合は「ジオメトリ」パネルの設定を変更しカーブに面を持たせる必要があります。また「レンダリングU」の値が0だと、「プレビューU」の値がレンダリング時のカーブの滑らかさとして使用されます。

テクスチャスペース

「テクスチャ」に関する章で解説していく予定です。

ジオメトリ

 ジオメトリの項目にある「変形」や「ベベル」の数値を0以外にすると、カーブが面を持つようになります。

パスアニメーション

「アニメーション」に関する章で解説していく予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする