【フリー3Dモデル】映画館


 ダウンロードできるフォルダには2つのファイルが入っています。

 1つ目の『3d-movie-theater.blend』というファイルは映画館全体の3Dモデルです。ただし、こちらはシートの数が多いのでそれに比例して超点数やポリゴン数も多く重いです。
 シートに座っている人のアップの画をつくることが目的の場合は、2つ目のファイルである『3d-movie-theater_seat.blend』を使用することをオススメします。こちらは十数席のシートと床のオブジェクトだけの簡易版(軽量版)となっています。


 なお、マテリアルやテクスチャの設定や、モデファイアの適用は行っていません。使用したい状況に応じてカスタマイズして頂いて問題ありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする