カメラの設定

 つくった3Dモデルはレンダリングしなければ画像として出力することはできません。そして、レンダリングするためにはカメラの設置が必要です。
 この記事ではカメラの設定について解説していきます。

カメラの設置

 初期状態で3Dモデルにはカメラが設置されていますが、一からカメラを設置する手順は以下の通りです。
 オブジェクトモードで「追加」から、カメラを選択します。
 これにより、3Dカーソルのある場所に画面に対して垂直な方向にカメラが設置されます。

カメラの切り替え

 カメラは複数設置することも可能です。
 複数のカメラを設置した場合でも、画像のレンダリングに使用するカメラは一つだけです。
 レンダリングに使用するカメラの切り替え方法は以下の通りです。
 まず、レンダリングに使用したいカメラを選択します。そして、その状態で、キーボードの【Ctrl】キーとテンキーの【0】を同時に押します。

マニピュレーターによるカメラの配置

 マニピュレーターによるカメラ位置や回転角度を調整する方法は、「立体物など」の配置方法と同じです。

座標系について

 座標系とは、カメラなど移動などの基準軸のことです。

 カメラの配置で使う座標系は以下の3つです。
・ビュー:画面に対する縦と横の軸です。画面を回転させても変わりません。
・ローカル:カメラが持つ座標軸です。カメラを回転させるとローカル座標も回転します。
・グローバル:3D空間の座標軸です。カメラを回転させても変わりませんが、画面を回転させると回転します。

移動方法について

 カメラを座標系に対して移動させる場合は、移動マニピュレーターを使用します。

回転方法について

 カメラを座標軸に対して回転させる場合には、回転マニピュレーターを使います。

数値を用いたカメラの配置

 数値を用いてカメラ位置や回転角度を調整は、カメラを選択した状態でキーボードの【N】キーで表示・非表示を切り替えられるパネルのトランスフォームから行えます。

 また、テンキーの【0】を押すと現在のカメラ視点になります。この状態でパネルのトランスフォームで設定すると直感的にカメラ位置を調整できます。

画像サイズ

 レンダリングした場合の画像サイズの調整は、「レンダー」タブの「寸法」で行えます。

 いきなり大きな画像でレンダリングすると時間が調整に時間がかかります。まずは画像のパーセンテージを小さくして調整し、納得のいく画像になったら100%の画像を出力するといいでしょう。

レンズ設定

 レンズ設定の項目では以下のことなどができます。

視野角の調整

 視野角を調整することで広角レンズのような画像をつくることができます。

画像化する距離の調整

 クリッピングの距離を調整することで画像化する距離を調整できます。
 これをつかえば、例えば断面図を製作することもできます。

視点を基準にしたカメラ設定

 Blenderでは、視点を基準にしたカメラ設定もできます。これを行うにはキーボードのNキーを押すと出てくるパネル内にある「カメラをビューにロック」のボックスにチェックを入れます。

その上で、テンキーの0を押しカメラ画面にするとマウスホイールでカメラ画面の設定を直観的に操作できます。なお、Shiftキーを押しながらマウスホイール操作でカメラを上下左右に並行移動でき、Ctrlキーを押しながらマウスホイールを操作するとカメラ視点のズームイン・ズームアウトが行えます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする