線画の設定

blenderでは、プロパティモードでのレンダーの項目内にあるFreestyleパネルにチェックを入れることにより、立体物に輪郭線を表示できます。
 線の太さは「ライン幅」で設定できます。
「絶対」の場合は任意の数値を入れて線の太さを調整できます。
「相対的」の場合は線の太さが自動的に算出されて出力されます。

Freestyleの有効化

 線画を出力する場合は、レンダーレイヤーの項目内にある「レイヤー」パネルのFreestyleの項目にチェックを入れます。デフォルトでチェックは入っていますが、もしも線画出力されないならばこの項目を確認するといいでしょう。

線画のみの出力

 線画のみを出力したい場合は、レンダーレイヤーの項目内にある「レイヤー」パネルのFreestyleの項目以外のチェックを外します。
 これにより、レンダリング結果が線画のみになります。

Freestyleラインセット

 Freestyleパネルにチェックを入れた状態だと、レンダーレイヤーの項目内にある「Freestyleラインセット」パネルが設定できます。
 このパネルではどのような輪郭や角を線画として出力するかを設定できます。

Freestyleラインスタイル

 Freestyleパネルにチェックを入れた状態だと、レンダーレイヤーの項目内にある「Freestyleラインスタイル」パネルが設定できます。
 このパネルでは、出力する線の色や強弱などを設定できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする