胴の描き方

胴の骨格

 胴の骨格は以下の図のようになります。
 胴の骨格は、肋骨部分と骨盤部分、そしてそれらをつなぐ背骨部分に大きく分けられます。

胴の筋肉

 胴の筋肉は以下のように大別できます。
 特に男性の体を描く場合は、筋肉を隆起させて描くとより男性らしい身体になります。

脇の下

 脇の下の筋肉は以下のようについています。脇の下は様々な筋肉が集合する場所となっています。

胴を描くプロセス

 胴を描く場合、まず肋骨と骨盤、そしてそれらをつなぐ背骨を簡略化したものをとり、全体のバランスをとります。その上で腕や脚のアタリをとり、細かい部分を描き込んでいきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする