腕の描き方

腕の構造

 腕は上腕部と前腕部に分けて考えるとわかりやすくなります。

 骨には筋肉は以下のように筋肉がついています。特に男性の腕を描く場合は、筋肉の隆起を意識して描くとたくましいイラストになります。

腕を曲げたときの変化

 腕を動かすと筋肉の見え方が変わります。
 腕を伸ばすと上腕の三頭筋が縮み、腕の横から裏にかけて隆起します。
 反対に腕を曲げると上腕の二頭筋が縮み、内側に力こぶができます。

腕のアタリ

 腕を描く場合は、型、肘、手首の関節を丸型で捉え、その間の骨を直線で捉えると描きやすくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする