動きのあるポーズ

 動きのあるポーズを描く上で押さえるべきポイントを解説していきます。

コントラポスト

 コントラポストとは、体重の大部分を片足にかけているポーズのことをいいます。
 片足に体重にかけることにより、体の中心線をずらした左右非対称なポーズになります。

 左右非対称なポーズになると、ただ垂直に起立しているよりも躍動感が生まれます。

重心を意識する

 コントラポスト以外での動きのあるポーズを描く場合は、身体の重心の位置を意識します。
 単純にただ起立している状態の身体の重心は以下の図のように、男女ともにヘソの少し下ぐらいにあります。

 歩いたり走ったりする場合は、前方に身体が傾くので重心も前方に移動します。

歩く

 歩く場合は、重心の位置が少しだけ前方に移動します。

走る

 走る場合は、重心の位置がかなり前方に移動します。

跳ぶ

 上へ跳ぶ場合は、腕を振ってその勢いを使って身体を上方へと持ち上げます。もちろん、脚のバネも使うので膝は曲がった形になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする