2点消失

2点消失の例

 2点消失とは、2つの消失点を使用する作画方法です。
 以下の絵はユトリロの「カルボネルの家、トゥルネル河岸」という作品です。この絵では2点消失による作画が行われています。

2点消失の考え方

 2点消失による作画では、水平線の上に2つの消失点を設定し、それを元に線を引いていきます。
 ただし高さ方法にはパースを入れません。正面図で見て高さ方向の線画垂直であるならば高さ方向は垂直の線を描きます。

作画方法

 二点消失を使った作画方法は以下のとおりです。

①水平線と高さ方向の線を用意

②水平線上の消失点から奥行の線を引く

③必要に応じて横幅を調節

 描いた立体をアタリにして建物などを描くことができます。

別パターンの2点消失

 2点消失は以下の図のように画面端にいくどほ線の幅が開いていく場合もあります。

 このパターンの2点消失は、例えば室内を描く場合などに使えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする