主役の目立たせ方

 イラストを描く場合、何が画面の中の主役なのかをはっきりさせる必要があります。そうしないと、鑑賞者の視線が散漫になり、結局として何を伝えたい絵なのかわからなくなるからです。
 この記事では、イラストの中で何が主役なのかを一目でわかるようにする方法を考えていきます。

方法①:主役を中央におく

 主役を目立たせる一番オーソドックスな方法です。
 画面の中で一番目立つ場所は中央ですので、そこに人物を配置すると即座に主役だとわかります。
 逆に、人物が隅にいて中央に何もない空間があると意味深な絵になります。

方法②:脇役を使って見切れさせる

 方法①の主役を中央に置く方法はわかりやすくパワフルな印象を与えます。
 しかし、逆に言えば奥ゆかしい印象を出すには向いていません。
 そこで、主人公の他に脇役を配置すると主役だけに視線が集まることを防げます。とはいえ、主役も脇役も画面中央に描くと、一体誰が主役なのかわからなくなります。そこで、脇役の方の人物を画面から見切れさせることで誰が主役なのかがわかりやすくなります。

方法③:鮮やかな色を使う

 くすんだ色で描かれたものは自然と目立たなくなります。逆に言えば、鮮やかな色で描いたものは目立つので主役だとわかりやすくなります。

方法④:領地を広く取る

 大勢の人物を描く場合、誰が主役なのか判別することは難しくなります。
 このような場合、主役の周囲に意図的に領地を広く取るとその人物が目立ちます。

方法⑤:視線を集中させる

 大勢の人物を描く場合に使える方法です。
 脇役である人物の視線を主役に集中させることで、視線の先にいる人物が主役だとわかりやすくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする