配色の組み立て

 絵を描く場合において色をたくさん使えばうまく見えるというわけではありません。
 むしろ、色をたくさん使いすぎると結局として何がいいたいのかわからない混沌とした絵になりかねません。
 特に、キャラクターデザインにおいてはメインで使う色はおよそ3色に抑えるといいとされています。
 下の2つの人物を見比べてください。

 左の人物にはたくさんの色が使われていますが、そのせいで統一感のない絵になってしまっています。
 一方で、右の人物に使われている色は大きく分けて青、緑、赤の3つです。
 使う色は面積の大きさによって以下の3つに分類されます。

メインカラー

 一番多くの面積に使用される色です。右人物では青にあたります。
 画面前全体の印象を決めるために使用されます。

サブカラー

 二番目に多くの面積に使用される色です。右人物では緑にあたります。
 メインカラーだけではくどくなるのを防ぐための補助的な色です。

アクセントカラー

 文字通り絵にアクセントを加えるために使用される色です。右人物では赤にあたります。
 全体を引き締めたり、鑑賞者の視線を誘導するために使われます。

メイン・サブ・アクセントカラーの選び方

 メイン・サブ・アクセントカラーの選び方のポイントは以下の通りです。

メインカラー

 前述のとおり、メインカラーは画面全体の印象を決める色です。
 そのため、色相やトーンが与える印象を加味しながら適切なものを選ぶ必要があります。
 色相やトーンが与える印象については以下のページで解説しています。

  • 色相の効果
  • トーンの効果

サブカラー

 サブカラーはメインカラーの補助となる色です。
 例えば「メインカラーは青だけど、もう少し癒しの要素が欲しい」というのなら緑を使えばいいし、「いや、少しだけ陽気な要素がほしい」というならば黄色を使うなどしていくといいでしょう。

アクセントカラー

 アクセントカラーは全体の引締めのために使われる色です。そのため、メインカラーやサブカラーと比較して目立つ色相やトーンを使うといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする