人物にできる影(頭部編)

肌にできる影

 頭部にできる影は、肌の部分と髪にできる影に分けて考えていきます。
 まずは人物の頭部のイラストを用意します。頭部の描き方についてはこちらのページを参照してください。

 光が上の方からあたっている場合は、人物の首から肩にかけて頭自体の影ができます。

 髪と肌の境目には髪によってできる影を塗ります。

 必要に応じて、鼻や口元などにも影を描いていきます。

髪にできる影

 髪は以下のような束がいくつか集まって描かれる場合が多いです。

 このような束を髪らしく見せるためには全体的な流れを意識して塗っていく必要があります。

 最初に流れをに沿って影になる部分を塗ります。

 次に髪の光沢感を出すために明るい色をおいていきます。

 髪全体を塗る場合も、まず髪の流れをつかみます。基本的にはつむじとなる部分を中心にカーブした影や光を描きます。

 まずは影となる部分を塗っていきます。

 必要とあれば、更に濃い影となる部分を塗るのもいいでしょう。

 次に光沢感を出すために明るい色をおいていきます。

 強い光沢感を出したい場合は、より明るい色をおいていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする