トップスの描き方

シャツの種類

ワイシャツ

 ワイシャツとは、男性が背広の内側などに着る前開きのボタンシャツをいいます。

ベスト

 ベストとは、袖のない前開きの上着のことをいいます。

カーディガン

カーディガンとは、毛糸編みやニットでつくられた前開き式のトップスのことをいいます。

ジャージ

 ジャージとは、ジャージ編みによって伸縮性を持たせた布でつくられたトレーニングウェアをいいます。

パーカー

 パーカーとは、トップスのうち首の根元に帽子となるフードが付いているものをいいます。

Tシャツ

 Tシャツとは、襟のついていないシャツのことをいいます。

タンクトップ

 タンクトップとは、袖がなく、襟ぐりが幅広いトップスのことをいいます。

キャミソール

 キャミソールとは、肩紐で吊るし肩を露出する形状の袖がないトップスをいいます。

ベアトップ

 ベアトップとは、胸から上が開いているトップス全般をいいます。

シャツのシワができる場所

 トップスのシワは基本的には以下の図のような場所にできます。ただし、動作や服の厚さや衣類の種類によって変わる場合もあります。

トップスを描くプロセス

 トップスを描く場合は、まず人体のアタリを描いて、その上に大まかなトップスの形を描きます。その上で清書していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする