ベルトの描き方

ベルトのバックルの種類

 バックルとは、衣類としてのベルトの留め金部分を意味する言葉です。尾錠ともいいます。
 バックルの種類には以下のものがあります。

ピンバックル

ダブルピンバックル

リングベルト用バックル

棒状のバックル

ベルトを描くときの注意

 ベルトを描くときに特に注意すべき点はベルトの幅です。
 ベルトはバックルを通して固定するものなので、バックルの穴よりもベルト本体の幅は狭くなくてはいけません。逆に、バックルの外側と同じ幅で描いてしまうと不自然な絵になってしまいます。
 以下の図では、上のベルトがきちんとしたものの例であり、下のベルトが間違った描き方の例です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする