帽子の描き方

帽子の種類

ソフトハット

 ソフトハットとは、頭頂部の中央を縦に折り込んだ帽子のことをいいます。中折れ帽とも呼ばれます。

山高帽

 山高帽とは、頭頂部の高い帽子の総称です。

キャペリン

 キャペリンとは、ツバが幅広く緩やかに湾曲した帽子のことをいいます。

チロリアンハット

 チロリアンハットとは、ソフト帽や山高帽に似た形状ですがリボンの代わりに、ひもや羽毛などを飾っている帽子のこといいます。

ストローハット(麦わら帽)

 麦わら帽とは、麦わらを編んで作られた帽子全般のことをいいます。
 とは、

カンカン帽

 カンカン帽とは、麦わら帽の一種で頭頂部が円筒形の形状をしたもののことをいいます。

シルクハット

 シルクハットとは、頭頂部が高い円筒状の形状の帽子のことをいいます。

ベースボールキャップ

 ベースボールキャップとは、野球において選手や監督などがかぶる帽子のことをいいます。日本語では野球帽とも呼ばれます。

ワークキャップ

 ワークキャップとは、前方部分のみにつばがついた、頭頂部が円筒形をした帽子のことをいいます。

マリンキャップ

 マリンキャップとは、前方のみにつばがついた、頭頂部が膨らんだ形状をしている帽子のことをいいます。

ニット帽

 ニット帽とは、ニット素材を編んでつくられたつばのない帽子のことをいいます。

モナコハンチング

 モナコハンチングとは、つばの幅が狭い帽子のことをいいます。

ニュースボーイキャップ

 ニュースボーイキャップとは、つばの幅が狭く、頭頂部が膨らんでいる帽子のことをいいます。

ベレー帽

 ベレー帽とは、頂点にポッチがついていて内側のビン革のある帽子のことをいいます。

ミリタリーベレー

 ミリタリーベレーとは、ベレー帽の一種です。かぶり口にトリミングが施されています。

帽子をかぶる深さ

 帽子のかぶり方には浅くかぶる場合から深くかぶる場合まで様々です。深くかぶるにしたがって、つばにより目が隠れることになります。

アオリとフカン

 アオリの絵で帽子を描く場合は、図にあるようにつばの下面が見えて上面は見えません。また頭頂部の下部分はつばに隠れます。

 フカンの絵を描く場合は、つばの上面が見えて下面は見えなくなります。

帽子をかぶった人物を描くプロセス

 帽子を描くプロセスは以下の通りになります。
 まずは帽子をかぶせる人物の絵を用意します。ここでは便宜上、頭部のすべてを描いていますが帽子に隠れそうな部分は省略しても構いません。

 頭部に帽子をどこまでかぶるかを示す線を引きます。

 引いた線をアタリにして帽子のラフを描きます。

 ラフをもとに帽子を清書します。

 最初に描いた人物の絵から帽子に隠れる部分を消したり、髪型を整えたりします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする