マフラーの描き方

 このページでは、図を混じえてマフラーの巻き方の種類を解説していきます。

1周巻き

 単に首の周りにマフラーを1周させただけの巻き方です。
 単純な巻き方ですが、サマになる基本形です。
 1周巻きからスタートする巻き方も多く存在します。

ワンループ巻

 マフラーを二つ折りした状態で首からかけ、マフラーの端をループ側の輪っかに通して完成です。
 最後にマフラーをふわりと広げて形を整えると見栄えが良くなります。


 ワンループ巻を描く場合、気をつけなくてはならないのは、ループ部分に通した布が一直線になるように描くことです。以下の図のようにズレた状態で描くのは間違いです。

バック巻き

 1周巻きの状態で前に垂れ下がった部分を結んで、結び目を後ろに持っていく巻き方です。


 ちなみに後ろから見た姿は以下の図の通りです。

ピッティ巻き

 ミラノ巻きとも呼ばれます。
 華やいだボリューム感のある着こなしになります。

ニューヨーク巻き

 シンプルながら見栄えのする巻き方です。スーツなどフォーマルな衣装にも合うのが特徴です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする