学ランの描き方

学ランの各部

 学ランの各部の特徴は以下の通りです。

学ランの襟

 学ランの襟はつめ襟になっています。つめ襟の内側には内襟(カラーとも呼ばれる)があります。内襟はつめ襟から少しはみ出しているため、学ランを描く場合は白いカラーが少し見えるように描くといいでしょう。

不良風の学ラン

 不良風の学ランは、裾部分が極端に短い短ランという上着と、足元部分が極端に膨らんでいるボンタンというズボンである場合が多いです。
 また、不良風の着こなしの場合は内襟は外されている場合が多く、わざわざ描く必要はありません(着こなしは人それぞれではありますが)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする