スーツの描き方

スーツジャケットの各部

 スーツジャケットの全体は以下の通りです。

①ラペル
 襟の下の部分。ジャケットの全体的な印象を決める。
②ショルダー
 肩の部分。自然なラインを描いて肩の丸みにフィットするデザインがよい。
③ポケット
 通常はフラップ(蓋付き)ポケット。
④カフ
 袖口。ボタンの付け方にはバリエーションがある。
⑤段返り
 3つボタンのスーツの第1ボタンとホール(ボタン穴)が緩やかに折り重なっている仕様のこと。

ラペルの種類の一例

 ラペルにはたとえば以下の種類があります。

  • ピークドラペル:「ピーク」とは「とがった」の意味。ラペルが上向きのもの。
  • フィッシュマウス:襟のカットが魚の口のように見える形状のもの。
  • カフの種類の一例

     カフ(袖口)の種類にはたとえば以下のものがあります。

    • 本切羽:ボタンが飾りではなく開閉できるタイプ
    • キッシングボタン:ボタンが少しずつ重なっているタイプ
    • ポケットの種類の一例

       ポケットの種類にはたとえば以下のものがあります。

      • チェンジポケット:ポケットの上についた小さなポケット
      • スラントポケット:手を入れやすいように角度がついたもの

      スーツパンツの各部

       スーツパンツの各部の名称は以下の通りです。

      ①ベルトループ
       ベルトの通し穴。
      ②ポケット
       サイドの縫い目の延長線上に位置する。
      ③フライ
       前立て。スーツはジッパー式のものが多い。
      ④クリース
       パンツ中心にある折り目。脚を長く、シルエットを立体的に見せる効果がある。
      ⑤カフ
       裾のこと。
       折り返しの無いものをシングルカフ、折り返しがあるものをダブルカフという。
       ダブルカフはカジュアルなものとされているので、冠婚葬祭には向いていない。

      シャツの各部

       シャツのの各部は以下の通りです。

      ①カラー
       襟のこと。形や角度などに様々な種類がある。
      ②ヨーク
       肩から背中にある切り替え布のこと。
      ③ブラケット
       前立てともいう。ボタンで合わせる部分のこと。
      ④カフ
       袖口のこと。もっとも一般的なものがシングルカフ。折り重なっているもおをダブルカフという。

      スーツの着方

       スーツの着方の主な注意点は以下の通りです。描く際にダサい着方やおかしな着方にならないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする