フィボナッチの木の応用(海の波や雷など描き方)

 前回の記事では「フィボナッチの木」を使った樹木の描き方を解説しました。
 しかし、フィボナッチの木は樹木を描くのに使えるだけではありません。
 今回は、フィボナッチの木を応用して、波や雷などの自然物を描く方法を解説していきます。

波の描き方

 海などにできる波の形状も、フィボナッチの木を応用して描くことができます。
 その手順は以下の通りです。
①フィボナッチの木の用意
 まずフィボナッチの木を変形したものを用意します。
 フィボナッチの木の描き方はこちらのページを参照してください。

②波のない海面を描く
 濃い水色と薄い水色のグラデーションで描くと、それっぽくなります。

③フィボナッチの木を張り付ける
 海面の上にフィボナッチの木を張り付けます。
 横方向に回転させると自然な感じになります。

④波を描く
 フィボナッチの木をアタリにして、波の概略を描きます。

⑤波の明るい部分を描く
 波の概略の上を、より明るい色でなぞります。

⑥指先ツールでムラを出す
 指先ツールを使って、お好みの感じになるまでムラを出していきます。

⑦光線などを描きこむ
 必要ならば光線を描き込むことで、より神秘的な印象を出すことができます。

雷や滝の描き方

 描いた波を九十度回転させ、色や背景を変更することで、以下のように雷や滝として利用することができます。

ひび割れの描き方

 フィボナッチの木を画面いっぱいに広げることで、ひび割れを表現することができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする