星・月・オーロラの描き方

 この記事では、夜空に浮かぶ星や月、そしてオーロラの描き方を解説していきます。

星空の描き方

 星空を絵描く手順は以下の通りです。
①画面全体に点をちりばめる
 ちりばめる点は、様々な色相だとより夜空っぽく見えます。
 点をちりばめる場合、地道に一つずつ点を打つ手もありますし、特殊ブラシなどで一気にばらまく手もあります。

②点をちりばめたレイヤーをコピーしてぼかす
 フィルターにあるガウスぼかしなどの機能を使って、点をぼかして星が輝いているように見せます。
 単純な星空なら、これで完成としてもいいと思います。

③新しいレイヤーでノイズ表現をつくる
 フィルターでノイズがあるならばそれを使います。あるいFireAlpacaというフリーソフトなら、フィルター内の「砂模様」を使うといいでしょう。

④ノイズレイヤーを元に遠くの星々をつくる
 ノイズレイヤーの輝度を透明度に変更などの処理をして遠くのぼやけた星々を表現します。

⑤星雲を描く
 エアブラシや特殊ブラシを使い靄のようなものを描いていきます。これが星雲となります。

※おまけ:強い光を描き込む
 以下のように夜空に強い光を描き込むと、超新星爆発のようなシーンを表現でき宇宙空間のような感じを出すことができます。

月の描き方

 月を描く手順は以下の通りです。
①月の下地を描く

②月の下地の輪郭をぼかす

③下地の上に丸いドットを無数に打っていく

④ドットを指先ツールでのばしてムラにしていく

⑤クレーターを表現するために乗算で暗い色を置いていく

⑥クレーターの盛り上がっている部分を明るい色で描き込む

⑦全体の明るさを調整する

オーロラの描き方

 オーロラを描く場合、まずは夜の下地の上のレイヤーに以下のように波打った線を描きます。

 次に、フィルターにある「移動ぼかし」(フリーソフトGimpならモーションぼかし)を使って、波打った白い線を上方向にぼかします。その上のレイヤーから虹色の光彩をのせるとオーロラの完成です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする