ウシの描き方

 この記事では、ウシの描き方を骨格などを下敷きにして解説していきます。

正面から見たウシ

 正面から見たウシの顔は以下の通りです。ウマと比べると角の有無の違いや、がっしりした印象などの違いがあります。

横から見たウシ

 横から見た場合のウシの骨格は以下の通りです。

 そして骨格を元に、肉付けしていくと以下の通りになります。図からわかる通りウシの乳は体の後ろ部分にあります。

 ウシの頭部と首に着目すると、ウシの首は太くがっしりしていることがわかります。

後ろから見たウシ

 後ろから見た牛は以下の通りです。乳牛の場合、後からでも乳が垂れさがっているのがわかります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする