着物の描き方(女性編)

※男性の着物の描き方はこちらをご参照ください。

着物の各部

 着物の各部の名称は以下のようになっています。この記事では、以下の名称を元に解説をしていきます。

おはしょり

 おはしょりとは、それぞれの着丈に合わせて余った部分を腰の上で揚げ折り、腰紐で結んでとめた部位のことをいいます。

着物の種類

 女性の着物の種類には以下のものなどがあります。

留袖

 留袖とは、既婚女性の第一礼装で祝儀の際のフォーマルな衣装のことです。
 留袖には、黒地の黒留袖と、色のついた色留袖があります。
 黒留袖は背中中心、両腕、両外袖の5か所に日向紋(ひなたもん)で染め抜かれており、裾には華やかな模様が描かれています。
 現在、黒留袖は結婚式や披露宴に出席する新郎新婦の母親、親族の既婚女性、仲人夫人が着用します。

 色留袖は、五つ紋付きの色留袖は黒留袖と同格で、未婚女性でも着用できる祝いの席の第一礼装です。
 色留袖は黒留袖と違い、五つ紋の他に三つ紋や一つ紋をつける場合もあります。紋の数が減ると準礼装になるので格式のある茶会やパーティ用の衣装になります。

振袖

 袖丈の長い着物で、未婚女性の第一礼装です。ただし、現在では既婚女性がパーティの席で着る場合があります。
 振袖は「小振袖」「中振袖」「大振袖」の順に袖丈が長くなり、袖丈が長いものほど格が高くなります。

訪問着

 色留袖の次に格が高いフォーマルな衣装です。お洒落着の要素をもった準礼装でもあります。
 生地には絵羽模様が描かれています。絵羽模様とは、背・脇・衽(おくみ)・襟などにも模様が続くように染めたものをいいます。

付下げ

 付下げは訪問着よりも気軽で、小紋よりは格の高い染め着物です。
 模様づけは訪問着より簡略化されいます。基本的には模様は前後の身頃、身頃から袖などの縫い目で模様がつながっていません。

色無地

 色無地とは、シンプルな一色染めの着物のことをいいます。色無地は目的に合わせて気分けることができるため利用範囲が広いといえます。紋をつけると慶弔両用の準礼装になります。

江戸小紋

 江戸小紋とは、色染めの着物に糊で防染した模様が白く染め抜かれているもののことをいいます。模様自体は小さいので遠くからだと無地のようにも見えます。

小紋

 小紋とは、繰り返し模様の型染めのある着物のことをいいます。
 フォーマルすぎず、それでいてくだけすぎない印象を与えるので少しおしゃれをしたい場合に着用されます。

織の着物

 織の着物とは、紬や木綿などの普段着として使われる着物です。
 織りの着物は、糸を染めてから模様を織りだしたものです。
 基本的には普段着なので、高価な着物であっても冠婚葬祭などフォーマルな場には不向きといえます。

喪服

 女性の着物での喪服は、黒一色の黒喪服と渋い色の色喪服があります。
 第一礼装は黒喪服に黒帯です。これは告別式の喪主や家族、参列者が着用します。
 一方で色喪服は、略礼装で喪にふさわしい江戸小紋や色無地が用いられます。用途は主に通夜や法事での着用です。

 紋とは文字通り紋章のことで、着物の世界では正装や準礼装には紋をつけるのが決まりです。
 紋の数によって、着物の格が変わってきます。

五つ紋

 正装である着物、留袖や黒喪服、色無地に使用されます。
 紋の位置は背中心、両外袖、両胸の5か所です。

三つ紋

 準礼装の着物、色留袖や色無地に使用されます。
 紋の位置は、背中心、両外袖の3か所です。

一つ紋

 準礼装から略礼装の着物、色無地や訪問着、江戸小紋に使われます。
 紋の位置は背中心の1か所です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする